So-net無料ブログ作成

里帰り 再び [旅行]

翠蝶館.jpg


35度以上になり記録を出した日に関東から北海道へ、熱帯夜が続く関東に戻ったかと思ったら、最低気温が14度を記録した北海道へ再び・・・

札幌からほど近い、いや! いつの間にか 札幌市になっていた定山渓へ・・・女性専用宿にとまり、姉のリフレッシュに付き合いいやいや 一緒にリフレッシュしてきました。
さすが女性専用宿です。アメニティもしっかりしていて、4種類ある中から好きなのが選ぶことが出来るようで、姉はオムニサンスを、私はロクシタンを選びました。
ここの宿のコンセプトはデトックス、ストレスなどを温泉などで整える。とあるだけに宿に着き渡されるのは茶葉の入った水筒でした。姉はデトックス効果のお茶を選び、私はリラックスのジャスミンをメインに色々配合された中国茶を選びました。また、滞在中の食事も全て薬膳で、夕食では二人のスープが違ったりして ん? へ? どうして? と思っていたら、姉はデトックス、私はリラックスを選んでいたので、その為違った内容のものが出てきたのにはびっくりです。
そして、とにかく姉と二人で体に良いね。と言いながらエステや温泉を楽しんだり、デトックスと言って逆に体がビックリするのではないかと思うくらいたっぷり色々な体験をして過ごしてきました。

が!しかし、しかしです! 帰り道では アイスの鉄人でアイスをお代わりする2人、夕食には焼肉を食べて帰ってきた二人でした。

その後も普段はこんな事出来ないからと、札幌で有名なアイスを食べたり、ラーメン、汁なしラーメン、油そば、スープカレー、ジンギスカン などなど 食べ歩き もうこれはデトックスではなく爆発した様にストレス発散?不摂生をしてきました。


白い恋人.jpg


また、住んでいると行く事のない白い恋人パークで 白い恋人パフェを食べたり、ロイズのイートインでブランチをしたりとせっかく来たのだからと挨拶回りや手続きなのど合間に姉が札幌を楽しませてくれ、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

本来ならこの時期に里帰りし、両親と会い、その後姉の希望で のんびり まったりと過ごす予定で早くから航空券やホテルの予約をしていました。母親を見舞う予定でいた日は奇しくも月命日となってしまいましたが、四十九日も無事終え自宅に戻りました。
若くして寝たきりになり16年間、母もそれを看ていた姉も本当にお疲れ様です。






nice!(11)  コメント(9) 
共通テーマ:健康

青い池 [旅行]

collage-1502154861764.jpg


屋久島から戻ったと思ったら、今度は北海道・・・
札幌へ戻るのは8月下旬の予定でしたが、その前に行くことになってしまいました。

そのお陰で、話題になっている「青い池」を見る事が出来ました。
人工の池だとわかっていても神秘的に見えるのは北海道効果なのでしょうか?

collage-1502155206898.jpg


ちなみに美瑛周辺の川も、白髭の滝も青く神秘的です。

collage-1502155332398.jpg


滞在中バタバタしていたのですが、この日だけは癒されました。

nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

屋久島 [旅行]

やくしま.jpg


私のQOLでは絶対いけないと諦めていた屋久島
主人がこれなら行けるとあったキャッチコピーが「70歳からの屋久島」でした。(笑)私は70代かい!
とは言え健康であれば今の70代は若くて体力ある方はあるからな~果たして集団行動についていけるかな?と不安に思いつつ参加をしてみたら、参加者は60代のご夫婦1組のみ。
そして、その方の奥さんも病名は違うけれども同じ膠原病仲間と言う事が判明しました。

移動はこじんまりと貸し切りタクシー、運転手さんのご厚意でコースにない海岸でウミガメが歩いた足跡を見たり孵化した後をみたり、白谷雲水峡では通常30分コースの所を説明を聞きながら、1時間半以上かけて回ってきました。途中すれ違た20人以上いた集団のバッジを見てどちらのツアーにしようか比べ迷った所で、思わずこっちのツアーで良かったと思いました。

屋久島.jpg


さすがに10時間歩いて縄文杉までは行けません。だけど、駐車場徒歩1分の紀元杉を見ることはできました。そして、触る事も・・・ちなみに縄文杉は囲いで触る事が出来ないそうです。
でも屋久杉には変わりありません。
白谷雲水峡では雨が降らかなったので、もののけ姫の「こだま」の様な写真は撮れませんでしが、旅行中1度も雨に当たることはありませんでした。これも珍しいことだそうです。だけど、屋久シカやサルにもたっぷり出会う事が出来ました。

屋久島は行けないと調べもしないで勝手に決めつけていましたが、別な楽しみ方が出来ました。
屋久島に行ってみて雪が降り積もる事、皇太子様の娘「愛子様」の名前の由来がここにあった事。縄文杉よりも古い杉のお話などなど、地元の方ではないと分からない話を沢山聞くことが出来ました。まだまだ知らないことばかりです。
旅行中はプレドニン倍増しての旅行ですが、無事行って帰ってくることが出来ました。
そして余田ではありますが、帰りの鹿児島空港で乗り継ぎに時間があったので1度外に出て、再び保安検査を受けたところ、なんと人工股関節が反応してしまい引っかかってしまいました。今まで色々な所で利用してきましたが、1度も引っかかった事がなかったのと、「今の人工は引っかからないよ」と聞いていたので、ちょっぴりビックリしました。鹿児島のは感度が強いのかな?それとも性能の違い?ならば鹿児島より屋久島の方か性能がよかったのかな?
今回はsecurity checkだけで済みましたが、場所に寄っては証明が必要になった来ることもあるのでしょうか?




nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

御釜 [旅行]

collage-1497881703741.jpg


週末、娘は西に下りUSJへ、私たちはシアンを連れ東北方面へ出かけてきました。
最初に着いたところは蔵王の御釜・・・着いたときは雲に隠れ何も見えなくがっかり・・・と思ったら、みるみるうちに雲がなくなり綺麗な御釜を見る事が出来ました。
グリーン色の水はとても神秘的です。

その後、山形方面に向かいバラで有名な公園へ行ってみました。
入園したとたん一面に広がるバラに感動!思わず「すごーい!」と声をあげてしまうほどです。

collage-1497883090894.jpg


そして、夜に入った温泉は日によって色が変わるとても変わった温泉でこの日の内湯はブルーグリーンで、露天風呂は乳白色 男湯はエメラルドグリーンだったそうです。という事は紫外線で色が変わるのでしょうか?気温や湿度でしょうか? よくわかりませんでしたがとても温まる温泉で少し入りすぎたのか、上がった後も暫く汗が出てしまいなかなか汗が引きませんでした。(汗)

山形ではサクランボやすんだ餅、冷やしラーメン等のご当地グルメを食べながら、山寺へ・・・
『閑さや岩にしみ入る蝉の声』とここで芭蕉が句を詠んだのですね。この時期はまだセミは鳴いていなかったのですが、セミ塚では芭蕉をはじめ斎藤茂吉などの詩人が訪れた事を感じながら後にしました。
我が家の車旅今回の山形で本州を制覇し、残す所は九州の大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県の4県になりました。(沖縄県を除く)さすがに車旅の予定はなさそうです。



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

GW・・・長崎 [旅行]

collage-1494115650080.jpg

GW直前の診察で急展開、いきなりプレドニンを30㎎服用する事を宣告され一週間後の診察となった。その為旅行は診察直後に出発することになりました。
行先は「ハウステンボス」で体調の事もありのんびりと過ごす予定でした。

collage-1494229947064.jpg

1日目はシアンを連れ園内を休み休み散策 この日は過ごしやすく散歩日和、夜のイルミネーションまで、しっかり体力を温存しながら?いや!プレドニン効果でシアンと一緒に過ごすことができました。
そして、翌日はシアンをホテルにお願いし主人と2人で回り、と言ってもさすがにアスレチック等のアドベンチャーや乗り物などのアトラクションには興味がなく、待ち時間と言うものがなかったので十分満喫でき、夜の船上からの花火まで楽しむことが出来ました。
お互い興味を持ったのは意外にも園外にある「フクロウの森」でした。(笑)

collage-1494114600978.jpg

その後ハウステンボスを後にしての観光地巡り・・・天気にも恵まれ「展海峰」からの眺めは最高でした。

collage-1494115350780.jpg

プレドニン30㎎の服用に動揺、抵抗していたぴよでしたが、そのお陰で動くことが出来楽しむことが出来ました。
自宅に戻り鏡を見たら一週間の外食と副作用で、顔が思いっきり真ん丸になっていました。(つд⊂)エーン

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

やっぱり雪が恋しい? [旅行]

collage-1488082441172.jpg


毎年人間ドックの後はのんびり旅行へ行っていたので、今年も日程が決まってから主人が計画を立て、今年も雪が恋しくなり雪を尋ねて・・・と、昨年末まではそうなる予定で予約していたらしいのですが。

年が明け突然実家に行くことになり、それに便乗して、雪まつりや流氷まで見に行きたっぷりと雪を堪能してきてしまった!今更雪を堪能という感じではありませんでしたが、西湯川のかまくらを見に行ってきました。というより、

collage-1488082174805.jpg


のんびり宿に泊まり

collage-1488081955658.jpg


人間ドックのためにダイエットしていた主人は食事を楽しみ

collage-1488082111891.jpg


豆を石臼でひききなこを作り焼いたマシュマロにつけて食べたり、蒸した芋巾着につけたりしてのんび~り過ごしました。

ただ、お部屋が和室にベッドと聞いていたので ベットの高さに不安がありましたが、30㎝くらいのひな壇の様なところの上にさらに30㎝くらいのマットレスだったので、少しずらしただけで問題なく寝起きが出来たのもよかったです。

たまには宿を楽しむという旅の仕方も良いものかもしれませんね。
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

帰省?旅行? [旅行]

DSC_0503.JPG


インドネシア帰りの主人とガリンコ号に乗って流氷を見学
札幌育ちの私にとっては2度目となるのですが、以前と場所が違ったからなのか蓮の葉といわれる流氷を見ることができました。

雪まつり.JPG


札幌に戻り、雪まつりを見学・・・
小学校の頃は授業で雪像画を描くため毎年のように見学をして今更雪まつり?と思っていたのですが、子供の頃と違って進化していましたね。
以前も夜のライトアップはあったのですが、今はそれだけではなくプロジェクトマッピングもやっていてとても綺麗でした。そして一般参加で作りあげたピコ太郎は素人が作ったとは思えないくらいの完成度でした。

小樽.JPG


姉の勧めで小樽の雪の灯りも見てきました。

そして、私だけ札幌に残ろうとしたものの、時はすでに遅し? 水道は止めてあったので流れはしたものの・・・なんと!キッチンの排水溝だけが地下で凍結していた!そのため水を流すと床から水が上がってきてしまった。数日間暖房を入れ家を温めたのもむなしく凍結場所が地下だったため修理するとしたら地面が出るまで除雪しなければならなく断念。

結局、入院中の両親のお見舞いだけすまし戻ってきました。



nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:健康

旅のつづき [旅行]

塩尻紅葉.JPG


実は、石垣島旅行の旅にはもう一つのおまけの旅が付いておりました。
平日を利用しての友人とのツアーは金曜日の夜に自宅へ戻りました。
そこへ待っていたのは私が旅行中も仕事をしていた主人、なんだかガサゴソと・・・
石垣島の荷物はそのままの状態で、翌朝にはシアンと一緒に那須塩原に着いていました。(笑)
最初はエッ!と思ったけど、2泊延長した旅行と思えば大したことありません。
今度は主人とシアンの為に・・・それに車に乗っているだけですから・・・
そして、主人が下調べしていたお陰で素晴らしい紅葉を見る事ができました。主人に感謝です。
石垣島、竹富島ではゆっくりとした時間の流れを感じ、塩原では心が洗われるような感動を頂きました。
旅行中お留守番してくれたシアンも今回は一緒なので、ご機嫌で散歩をしていました。


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

石垣島旅行 [旅行]

石垣島.JPG


特別仲が良いわけでもなく、特別親しいわけでもない。
だけど、以前パートで一緒だった人に誘われ八重山諸島巡りの旅に行ってきました。
たぶん、きっと、結婚してから完全プライベートで友人との旅行は初めての経験だと思います。
それも今回の様に全ての日程、食事付きの団体行動は修学旅行以来かもしれない(笑)
この体調で分刻みのスケジュール、迷惑かけずに行けるのだろうか?と心配しつつもバスにおいていかれる事なく楽しいひと時を過ごす事が出来ました。



西表島.JPG


この時期の八重山諸島は雨が多く晴れていてもあっという間に天気が変わり雨が降る。
そんな中での西表島クルージングでは、とても大きく二重になっている虹を見る事が出来ました。写真ではよく分からないのが残念です!
そして、左下のこの花 夜、一晩の間だけ咲いて朝には落ちていくサガリバナ 花が咲く時期は、なんと!6月下旬から7月中旬 この時期に咲いているのはかなり珍しいそうです。
曇り空が多かったですが、雨にあたることもなく、全ての日程を予定通りに終え、無事帰路に着くことが出来ました。







nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:健康

計画性のない旅行 [旅行]

DSC_0302.JPG


主人が名古屋に出張が決まり知らされたのが月曜の夜。(今回は国内で済みましたが、2月には金曜日に決定して日曜日にチェコに旅立ち、1か月以上出張に行くこともあった。)
突然の出張に便乗して取りあえず名古屋駅で待ち合わせをする事だけを決めました。
東名高速での一人ドライブは天候にも恵まれスムーズな走りに本当に気持ち良かったです。
いつもならSAでご当地グルメなどを楽しみながら行くのですが、あまりにも気持ち良すぎてSAに寄るのを忘れるくらいでした。(そんなに早く名古屋に着いてどうする(笑))

夜には名古屋名物?ひつまぶしを頂き、翌朝にはこれも名古屋名物?コーヒーの値段でモーニングが食べられると言う初体験をしました。(笑) 
そしてその日は明治村で1日を過ごし、きしめん、手羽先を心残りにして名古屋を後にしました。

collage-1477269594990.jpg


翌日は岐阜まで足を延ばし、花フェスタでバラをみたり、美濃焼きなどの器をみたりした後、岐阜で人気のお土産さんがあったので、子どものお土産にでもと入ったお店、やっぱり栗きんとんかな?などと見ていたら・・・

DSC_0318.JPG


「栗一筋」という小布施の朱雀を思わせるお菓子遭遇 これはもう食べるしかありません!
こちらの栗一筋はかなり甘めで栗そのものを味わう朱雀とは違い、しっかりとスイーツしておりました。
完食後、本題のお土産・・・と思い眺めていたら・・・ん?なんとなーく見たことある。
あれ?この包装・・・あれ?このお菓子・・・ほかの方が購入した手提げ袋をみて・・・
この手提げ袋我が家にもあるぞ! もしかしてとスマホで検索してみたら・・・
やはりありました。良く行く駅前地下のテナントとして入っているではありませんか。
近所にできてからは定期的に購入している所で、娘は誕生日ケーキをそこで買うほどのお気に入りそして、先日小布施で売り切れの為購入できなかったお詫びに栗きんとんを買って食べたばかりでした。
近所で購入できるとわかったしまったいじょうここでのお土産は却下となり、思わぬ coffee breakとなりました。

最終日の朝は主人がやっぱり食べたい!今年は行けなかったと、新そばを求め長野まで行き新そば祭りを渡り歩き帰路に着きました。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:健康