So-net無料ブログ作成

屋久島 [旅行]

やくしま.jpg


私のQOLでは絶対いけないと諦めていた屋久島
主人がこれなら行けるとあったキャッチコピーが「70歳からの屋久島」でした。(笑)私は70代かい!
とは言え健康であれば今の70代は若くて体力ある方はあるからな~果たして集団行動についていけるかな?と不安に思いつつ参加をしてみたら、参加者は60代のご夫婦1組のみ。
そして、その方の奥さんも病名は違うけれども同じ膠原病仲間と言う事が判明しました。

移動はこじんまりと貸し切りタクシー、運転手さんのご厚意でコースにない海岸でウミガメが歩いた足跡を見たり孵化した後をみたり、白谷雲水峡では通常30分コースの所を説明を聞きながら、1時間半以上かけて回ってきました。途中すれ違た20人以上いた集団のバッジを見てどちらのツアーにしようか比べ迷った所で、思わずこっちのツアーで良かったと思いました。

屋久島.jpg


さすがに10時間歩いて縄文杉までは行けません。だけど、駐車場徒歩1分の紀元杉を見ることはできました。そして、触る事も・・・ちなみに縄文杉は囲いで触る事が出来ないそうです。
でも屋久杉には変わりありません。
白谷雲水峡では雨が降らかなったので、もののけ姫の「こだま」の様な写真は撮れませんでしが、旅行中1度も雨に当たることはありませんでした。これも珍しいことだそうです。だけど、屋久シカやサルにもたっぷり出会う事が出来ました。

屋久島は行けないと調べもしないで勝手に決めつけていましたが、別な楽しみ方が出来ました。
屋久島に行ってみて雪が降り積もる事、皇太子様の娘「愛子様」の名前の由来がここにあった事。縄文杉よりも古い杉のお話などなど、地元の方ではないと分からない話を沢山聞くことが出来ました。まだまだ知らないことばかりです。
旅行中はプレドニン倍増しての旅行ですが、無事行って帰ってくることが出来ました。
そして余田ではありますが、帰りの鹿児島空港で乗り継ぎに時間があったので1度外に出て、再び保安検査を受けたところ、なんと人工股関節が反応してしまい引っかかってしまいました。今まで色々な所で利用してきましたが、1度も引っかかった事がなかったのと、「今の人工は引っかからないよ」と聞いていたので、ちょっぴりビックリしました。鹿児島のは感度が強いのかな?それとも性能の違い?ならば鹿児島より屋久島の方か性能がよかったのかな?
今回はsecurity checkだけで済みましたが、場所に寄っては証明が必要になった来ることもあるのでしょうか?




nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:健康