So-net無料ブログ作成

診察日 7月  [診察日]

アクテムラを5週から4週間隔に戻し、CRP・血沈などの炎症反応は正常なり、MTX増量効果も出始めてきたのでしょうか?300台まで上がったMMP-3も2桁まで下がり、RFも3桁から2桁まで下がってきました。
このままいけば次回には全て正常値になりそうです。

前回の診察で経過を診る為に骨密度とレントゲンを撮りました。
xpでは少し進んでいるようにも見えるけど、これは撮り方で見え方も変わってしまうけど、使っていて不自由さが増した?と聞かれました。
特に不自由さや新たに出来なくなった事はなく、それよりも炎症の痛みがなくなり使えるようになった方が実感できるので ありません と答えた。 
私にとっては固まって動かないより、痛みのために使えない方が辛いのです。
ただ、炎症が落ち着いていざ使おうと思ったら固まって使えなかったと・・・という事はありますが、それでも痛い時よりは使えているのです。

股関節の方も痛みも落ち着いてきている一方で、数ヶ月前から右足裏 足趾付け根部分に痛みが出て強くなってきているのです。
数値が落ちるいてきているのになぜ?と色々考えてみたら、オステオパシー効果により股関節の可動域がよくなってきているのと同時に、薬効果で股関節の痛みも消えて普通に歩ける様になった為かもしれません。と言うのは 人間の歩き方として左足を前に出すと同時に右足で蹴りながら送りだしているのです。
以前は痛みのために出来なかった動作が出来るようになり、その負担が足の裏にきたのでしょうか?今まで履いていた良く歩ける靴でも痛みが出てしまう。
一箇所がよくなっても別な所に負担がかかり痛みが出る。これがリウマチなのでしょうね。
結局、股関節の可動域がよくなっても普通の歩き方ができない。そうすると他の所にも影響がでるですよね。
この夏のために足型を取ってオーダーしたサンダル・・・普段履いている靴の倍以上の金額だったのに 履く勇気がでません。
一時的なものなら良いんですけどね。
どうにか7月中にアップする事ができました。(笑)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。